人気のお料理をチェック

屋形船をもっと楽しめる!?東京・浅草の歴史を知ろう!

雷門・浅草寺など人気の高い観光スポットや東京ご当地グルメが多い東京・浅草。屋形船の発着地としても人気です。今回は屋形船をもっと楽しむために、東京・浅草がどのような発展を遂げてきたか、浅草の歴史をご紹介いたします。

江戸幕府とともに発展!

浅草の創建は古くからは飛鳥時代・推古天皇の頃と言われており、名観光スポットである浅草寺を中心に町が形成されていったとされています。時が流れ、徳川家康が都に江戸を移したタイミングで河川を使った運搬の拠点として、繁華街として栄えていったといわれています。江戸時代には貴族や大名の豪華な遊びとして導入された屋形船も浅草の栄華の影響といえるかもしれません。
※浅草と屋形船の関連性は諸説あります。

江戸時代には繁華街・商人の町として繁栄!

江戸時代以降、隣接する隅田川を使った物流の拠点として栄えた浅草は浅草御蔵(現:蔵前)には米蔵が建造され、江戸を代表する商人の町として発展します。同時に隣接する両国とともに文化・娯楽が発展しました。また、浅草は「東京の下町」といわれていますが、元々、下町は「商人の町(商業が盛んなエリア)」といわれています。元々、屋形船ではなく、漁や物流が盛んだったことも「商人の町」としてのイメージが強まったと考えられます。

悲劇の町としても知られる東京・浅草

栄華を誇った浅草ですが、関東大震災、第二次世界大戦の空襲などで壊滅的な被害を受けた町としても知られています。そのため、戦後の高度経済成長期やバブル崩壊以前の時代に「庶民の娯楽」として復活するまでは、屋形船は姿を消すこととなります。江戸時代には豪華な屋形船も多く建造されましたが、現存する昔の屋形船は兵庫県・神戸の旧萩藩御船倉にある川御座船(貴族の川遊び用の船)のみとなっています。

現在も江戸時代の歴史が色濃く残る東京・浅草

江戸時代に栄えた東京・浅草は現在でもその名残りが強く残っています。古くから漁が発展し、江戸前寿司が発展したことからも現在も「すし屋横丁」が人気観光スポットになっています。また、現在も小さな工場や日雇い街として知られているエリアも残っており、札差(米の仲介商人)の遊びであった、歌舞伎座や遊郭として栄えた吉原も現存しています。これら、娯楽の一部として、屋形船も日本人の記憶に残っていったと考えられます。

浅草駅から発着するプラン検索はこちら



トップへ