平井駅から乗る屋形船from hirai station

下町情緒あふれる 平井駅

江戸川区に所在する平井駅は、JR総武本線が利用できます。新宿駅から28分、市川駅からは8分と、東京方面からも千葉方面からもアクセスしやすい立地です。
平井駅周辺は、その昔花街として栄えましたが、現在はその名残はほとんどなく、打って変わって下町情緒豊かな街並みが広がっています。どことなく昭和の雰囲気を残しているのも特徴です。

平井駅周辺の見どころ

  • 最勝寺
    最勝寺

    「牛宝山明王院最勝寺」と号する最勝寺ですが、通称名の「目黄(めき)不動尊」のほうがよく知られています。これは、当寺に奉安されている不動明王像が、江戸府内五色不動の1つで、目黄不動と称されていることに由来しています。徳川家からの崇拝が篤かった当寺ですが、とくに3代将軍家光からの崇拝が篤く、「目黄不動」と名付けたのも家光です。
    また、6月下旬ごろには蓮庭が美しい様子を見せてくれます。

  • 燈明(とうみょう)寺
    燈明(とうみょう)寺

    江戸時代、歴代将軍の御膳所として使用されました。境内にある聖天堂は古くから信仰を集めており、「平井(の)聖天」とも称されています。 また、この燈明寺の金堂2階には、明治時代に外交対策で建てられた社交場・鹿鳴館の大広間を照らしたシャンデリアが残されています。事前に連絡すれば見せていただけるので、興味がある方は問い合わせてみてください。

  • 江戸川競艇場
    江戸川競艇場

    通称名は「BOAT RACE江戸川」。全国で唯一、河川の水面を利用した競争水面を持つ競艇場です。1年中風の影響受けやすく、また上げ潮や下げ潮による水位の影響も受けやすいという特異な水面を持っています。そのため、トップクラスの選手が苦戦し、この江戸川を得意とする「波乗り巧者」選手がトップに躍り出るという逆転現象が多く発生します。チケットを購入する際は、そういった自然現象も意識してみてください。

Board a YAKATA-FUNE
from TOKYO HIRAI
平井駅から屋形船に乗ろう!

2つのお寺を参拝して悠久の時を感じたら、平安時代から多くの人々を楽しませてきた屋形船で高貴な気分を味わいませんか?
江戸時代には、あの徳川家の人々も船上の遊びを楽しんだのかも!
なんて空想しながら現代の東京を水上から眺めれば、いつもと違った景色が見えるかもしれません。
もちろん、ボートレースの激しい戦いを楽しんだらゆったりと屋形船を楽しむ、なんて流れもオススメです。

検索結果