月島駅から乗る屋形船from tsukishima station

下町情緒が残る“もんじゃ”の街 月島駅

東京メトロ有楽町線と都営大江戸線が利用可能な月島駅は中央区に所在します。有楽町線なら、新木場から8分、池袋から24分。大江戸線なら新宿から26分と都内随所からアクセス抜群です。月島駅の周辺には、名物であるもんじゃの店が多く並んでおり、どの店に入ろうか迷ってしまうほど。下町情緒あふれる街並みを歩きながら、ぜひ存分に迷って「コレだ!」と思える店を探してみてください。

月島駅周辺の見どころ

  • 月島西仲通り
    月島西仲通り

    通称「月島もんじゃストリート」。どこか懐かしい下町の雰囲気を醸し出すこの通りには、月島もんじゃの店が集中して立ち並んでおり、店ごとに異なった味わいが楽しめます。また、昭和の趣が色濃く残っており、歩くほどにノスタルジーを感じられます。まるで昭和の世界でもんじゃを楽しんでいる気分になれるでしょう。もんじゃの焼き方がわからない方でも気軽にお店に入ってみてください。店員が親切においしく焼いてくれます。

  • 佃島の佃煮
    佃島の佃煮

    日本人のソウルフードともいえる佃煮発祥の地、佃島は下町情緒あふれる街です。街にはいまでも佃煮店が多くあり、甘辛い香りを漂わせています。
    佃煮の歴史は江戸時代までさかのぼり、徳川家康が縁あった摂津国西成郡佃村からもともと佃煮(当時はこの名称ではなかった)をつくっていた漁師を江戸に移住させ、佃煮をつくらせたことからはじまります。それが全国に広まったのです。

  • 住吉神社
    住吉神社

    佃煮をつくっていた漁師たちと一緒に、神主も江戸に移住したのをきっかけにはじまりました。毎年8月に開催されている例大祭では神輿が出るだけでなく獅子頭の宮出しがあり、大いに盛り上がります。じつは、この獅子頭の宮出しは中央区の無形民俗文化財に指定されている由緒ある儀式です。多くの若い衆が獅子頭の鼻先をつかむべく殺到する様子に目を奪われます。ぜひ一度は参加して、間近で見たいお祭りの1つです。

Board a YAKATA-FUNE
from TSUKISHIMA
月島駅から屋形船に乗ろう!

駅前に広がるは月島もんじゃストリート。ちょっと路地を曲がれば昭和にタイムスリップ気分。
カメラ片手に月島の街を歩けば、面白いものが撮れるかも?!たくさん歩いて疲れたら、屋形船で1杯と洒落込みましょう。 誰かに話したくなる休日になりそうです。

検索結果