元町・中華街から乗る屋形船from motomachi/Chukagai station

横浜の王道観光地!元町・中華街

横浜中華街や山下公園を代表とする横浜の王道スポットが並ぶ横浜市中区に位置します。
2004年横浜高速鉄道みなとみらい線開通とともに開始され、「本」の駅というコンセプトもとに構成された内部は観光地の窓口として見劣りしないデザインです。
渋谷駅から東横線にておよそ40分と直通で繋がり、渋谷駅にて線が切り替えられるため、副都心線方面からも乗り換えなく繋がるため都内からのアクセスも良い駅です。東西に改札口が分かれており全6か所が中華街や山下公園などそれぞれの観光地へ接続しやすく配置させています。

元町・中華街駅周辺の見どころ

  • 横浜中華街
    横浜中華街

    日本最大かつ東アジア最大のチャイナタウン。歴史も深く、起源である「横浜新田慰留地」から数えると150年近いものになります。
    定番の肉まんから、ちょっぴり変わり種な北京ダックのテイクアウトまで、食べ歩きグルメはもちろんのこと、横浜チョコレートファクトリー&ミュージアムといったアミューズメントや当たると噂の占いまでエリア内で楽しむことができます。
    横浜関帝廟や横浜媽祖廟といった豪華絢爛な異国情緒あふれるスポットも盛りだくさんです。

  • 山下公園
    山下公園

    横浜ベイブリッジや港を行き交う船を眺めることができるロマンチックなスポット。関東大震災の瓦礫を埋め立てて作られた日本最初の臨海公園との一説もあり、7万平方メートルもの敷地面積を所有しています。
    海外との豊かな交流を感じさせるモニュメントが多く、四季折々の草花の香りと潮騒を感じながら巡る園内は格別の穏やかさがあり、憩いの場として大人気。映画やドラマのロケ地としてもよく利用されています。毎年春と秋の時期には「未来のバラ園」に咲く彩り豊かなバラも見ごたえの一つです。

  • 横浜外国人墓地
    横浜外国人墓地

    日本の西洋文化への発展に関わる多くの著名な外国人の墓所があり、歴史的な観点からも貴重な場所とされています。開国にわく19世紀から20世紀半ばにかけての40ヶ国余、4400人余りの外国人が葬られていることから、宗教の違う様々な種類のモチーフがあり、墓地でありながらも観光地としても親しまれているスポットです。
    基本的に内部は非公開ですが、2月~7月、9月~12月までの土・日・祝日12時00分~16時00分に外国人墓地募金公開されています。また埋葬されている人々の業績を紹介する「横浜外国人墓地資料館」を併設しています。 入館料無料 (募金公開時を除く)

  • ホテルニューグランド
    ホテルニューグランド

    開業当時から皇族、イギリス王族の賓客や、喜劇王チャーリー・チャップリン、ダグラス・マッカーサーなど歴史的著名人が多く利用しています。第二次世界大戦後占領軍将校宿舎として接収され、マッカーサーが当時宿泊していた315号室は「マッカーサーズスイート」として宿泊利用できます。
    スパゲティナポリタン、シーフードドリア、プリン・ア・ラ・モードはどれも、当時の海外ゲスト達に合わせてシェフが特別に考案し提供し、日本中へ広まったホテルニューグランド発祥メニューです。本館1階 コーヒーハウス「ザ・カフェ」にて楽しむことができます。

検索結果